FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
ビットコインが遥か彼方に行ってしまいました Oct 28, 2020
NYダウが-650ドルの大暴落! Oct 27, 2020
田舎の村社会は本当に嫌ですね Oct 26, 2020
ハローワークで応募していた2社が落選しました Oct 25, 2020
NHKは、実は最もふざけた官僚組織 Oct 24, 2020
フリーエリア
スポンサーリンク

過去の苦い経験3

昨日の相場は10時頃までは見られていたんですが、
その後、外出の為見られず。
スマホでの随時確認となりました。ほぼ大した反発もなく下落していったように思いました。
私の保有株も一銘柄以外はすべてマイナスでしたが、現金比率が約75%になっていますので、
あまりドキドキはしませんが、これから年末にかけて反発もなく下落し続けたらと思うと少し怖いです。
NYダウもまだまだ下落余地があるように見えますし。どうなりますか。




↓ 昨日の続き


豪ドル円  55円    

USドル円  87円   


その為替レ-トを見て最初は信じられませんでした。

たしか豪ドルの場合、その日だけで、10円以上の下落があったと記憶しています。
そして一年前2007年10月には107円でした。一年で52円の下落!
まさに地獄です。

私もその頃、為替ブログをやっていましたが、
この100年に一度の金融危機の中で、
ブログ仲間の更新が次々と途絶え、沢山の人たちが退場していかれました。

そういう私も、高級車一台分ぐらいの損失を出し、為替相場から消えたのでした。

今考えただけでも、その時の何とも言えない恐怖が蘇ってきます。

多分、この出来事の為に失われていった命も沢山あるのでしょうね。




今、2018年も年末を迎え、株式相場は下降線なんですが、
何か、いやな感じがするんですよね。
サブプライムで年始から始まった下落を思い出させる雰囲気というか。
別になんの根拠もないですけど、世界情勢も不安定ですし、ダウも下がりきってないし、
ちょうどリ-マンから10年というのもひっかかるし・・・。
やはり来年は壮大な下落サイクルの最初の年になるんではないかと考えてしまいます。
そうなると、今、保有している銘柄は今年中に処分しておくかとか。
為替相場の妙な安定感も気になるし、
まあ、相場というのはそういうものなんでしょうね。
だれの思い通りにも動かないし、一番正しいものでもあるし。

以上、独り言でした。


にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村



過去の苦い経験2


昨日、日経平均は、+213高とまずまずでした。
ファーウェイの最高財務責任者・孟晩舟の逮捕、そして保釈など、
いろんな事が起こりますね。
株取引をやっていなかったら、ここまでニュ-スに敏感になっていなかったでしょうね。
いい勉強をさせてもらってます。
我が保有株達は若干マイナスの状態からほとんど動かず。
ソフトバンク株のデイトレで少しプラスになりました。




↓ 昨日の続き




そして、日々下がり続けている為替相場に対応する為、追加入金を繰り返し

とうとう、2008年9月15日、アメリカ合衆国の投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスが
負債総額6000億ドル(64兆円)を抱え破綻しました。

もう、詳しくは覚えておりませんが、
当日は確か、かなりの円高になり、まさにナイアガラ状態の為替相場だったと思います。
株式相場も総悲観で売り一色だったでしょう。

ただ、破綻時すぐの頃は年に何回かある暴落と大差ない感じで、
テレビなどでも、この破綻は日本経済には少しも影響はないと政治家などが言っていました。
最初はそんな感じで始まりました。

しかしそれからが本番だったのです。

私が覚えているのは、日々、下がり続ける為替相場、株式相場。

しかしたまに反発を繰り返しながら、徐々に下降線をたどりつつも、

何故か安心感が生まれつつあった日に突然その日は訪れたのです。


2008年10月23日


会社帰りに車に乗っていました。
軽い反発を繰り返していた為替相場に安心しきっていた私は、

何気なく携帯で為替相場を確認したのです。


「 えっ 」


そこには信じられない、為替レ-トが並んでいたのです。






にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村




過去の苦い経験

 
昨日の株式相場は急騰しました。
ここ数日下げていたエネルギ-が逆噴射したような感じで、
押し目もほとんどなく上昇したように感じました。
私の日本株のポ-トフォリオの中に長くあった楽器メーカ-500株がようやく旅立ちました。
市場を最後まで確認出来ませんでしたが、後で調べたらその後も上昇していたようで、少ししくじりました。
まあ、しょうがないですね。

さて、今は株式をしていますが、過去2008年頃にFXをしていた事がありました。
そうです、あの有名なサブプライムショック、リ-マンショックの少し前にFXを始めてしまったのです。


2007年の年末あたりから始めたFXは、ビギナ-ズラックにより初心者でありながら儲けを出していました。
その時の気分は今から考えても危うい、ATMを所有しているような感覚に襲われ、有頂天になっていたと思います。


その頃のFXではスワップ派、長期投資派という投資方法が流行っていて私もその中の一人でした。
レバレッジをかけて高金利通貨を保有し、金利を貰い続けるというやり方でした。
当然、通貨が下落してくると、マイナスになりますが、スワップを貰う事が第一ですから気にしません。
膨大なマイナスを抱えながら、微々たる金利を貰い続けるという方法でした。

そして年が明け、徐々に株式相場も為替相場も低迷するようになり、FXの方も右肩下がりの円高になり、
まだ売りという事すら考えつかない初心者の私は、焦り始めていたと思います。
しかし、そのリ-マンショックにつながっていく足音は表向きは感じる事は難しく、しかし確実に近づいてきていました。



にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村