FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
NYダウが30000ドルを突破、歴史的瞬間 Nov 25, 2020
デモトレードは操作されているので、あまり意味ないかも Nov 23, 2020
新型コロナウイルス騒動再燃、巣籠株急騰 Nov 20, 2020
早々にブラック企業を退社しました Nov 18, 2020
相場見ない間に爆上げしていた^^ Nov 17, 2020
フリーエリア
スポンサーリンク

正社員と非正規社員の待遇の違い

無題




おはようございます。


今朝は曇っています、


やはり寒いですね。




ビットコインが更に上昇してしまいました。


買い時を逃しました、残念。


また気長に待ちます。



さて、現在、ハローワークにて職を探しています。


以外にもやりたい仕事が正社員募集でしたので


仕方なく応募しました。



本当に正社員にはなりたくないんですよね。


この間、非正規社員に対する裁判の判決が


立て続けに出ました。



賞与と退職金は非正規社員には払わなくていいが、


有給と扶養手当は払って下さいというような判決。


これはある職種の話で、パタ-ンもいろいろあるので


一概には言えませんが、大枠はそういう判決。



これはこれから前例主義の裁判に影響を与えるでしょう。


これを見て、裁判をあきらめる人達も出てくるでしょう。



私は凄く妥当な判決だと思います。


正社員は非正規社員と同じような仕事をしていても


非正規社員が帰った後も違う仕事をしますし、


まず、責任が違うし、転勤の可能性もあり、


明らかに非正規社員より過酷な労働だと思います。



しかし中には、本当に何も変わらないような仕事も


あるでしょうから、それは個別に判断していくしかありません。


私も正社員になりたくないのは、やはり正社員はきつく、


非正規社員はどちらかというと、精神的に楽だからです。



正社員に対する無言の圧力は非正規社員にはわからないと思います。


こういうと誤解されそうですが、例外も確かに存在しますから


それは個別に改善するしかありません。




一番いいのは、正社員も非正規社員もなくして


肩書を統一すればいいのです。


しかし、これがまた、それ程責任を負いたくない人達もいるので


やはり非正規社員も必要かなと思います。


非正規社員というより非責任社員かな。


非正規社員で困っている人達の事も痛い程分かります。


しかし極端すぎる意見というのも考えものです。




偽運動家の餌食になってはいけません。




さて、本日もやるべき事を頑張ります。







明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

退職したら煩雑な社会保険手続きが待っている

無題





おはようございます。


今朝は曇っていますね、


最近、朝から晴れた事がありませんね




さあ、世間は新型コロナウイルスが終息したとして


経済活動を再開しています。


正直、これ以上の自粛はちょっと無理でしょうね、


やはり経済的にやっていけない人が続出するでしょうから、


ギリギリのところです。



しかし、緊急事態宣言が出てすぐ、次の日ぐらいに


あと100円しかなく、死ぬしかないみたいな報道は


マスコミが作り出しているフェイクなので、気を付けないと。


実際そういう方もおられるとは思いますが、


それは新型コロナウイルス騒動に限らず、平時でもおられるので、


それはまた違った問題なので、違う角度からの政策が必要です。



さて、今月いっぱいで派遣会社に籍がなくなりますが、


退職したあとの問題として、社会保険の問題があります。


以前、派遣会社で働いているのは社会保険に入りたいからと


言っていましたが、まさにそれが無くなります。




会社での社会保険が無くなれば、住んでいる自治体で


健康保険は国民健康保険に、


厚生年金は国民年金に変更する事になります。


健康保険の場合は、退職後に任意継続という制度があり、


退職前の健康保険を継続する制度があります。


しかし、健康保険は半分は会社が払ってくれていたのを


自分で払うので、会社時代に払っていた料金の2倍近くを


払う事になります。



それが大変な場合、自治体加入の国民健康保険に加入しますが、


どちらの保険が高くなるか、自治体に聞いてみると答えてくれるようです。


細部は自治体によって対応は違うようですが。




そして年金の場合はそういう制度は無くて、


国民年金に入り事になります。


今まで何度も、退職、入社を繰り返してきたので、


社会保険の事を考えると煩雑で憂うつになりますね、


もっと簡単な制度はないのでしょうか。


今、新型コロナウイルス騒動で、役所も大混雑らしいので、


手続きも遅れる可能性もあります、


感染の危険もありますし、大変です。


さあ、今日も頑張ります。






明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

誰が好き好んで常夜勤派遣の仕事をするのか

無題







おはようございます。

派遣夜勤業務から帰って来ました。


いや~今日は疲れました。




昨夜に夜勤の為の睡眠が上手くいかず、


眠気を残したまま、夜勤に突入してしまい、


朝まで、あくび連発で仕事にほとんど集中出来ませんでした。


いや失礼致しました。





今夜の夜勤含めてラスト三日間。


頑張っていこうと思いますが、私の後釜に


募集しているようですが、全く手ごたえがないそうです。


もともと真夜中から朝方までなんて誰も働きたくないし、


しかも、常夜勤なんて、多分私以外では見つからないでしょう。


私はまだ、今の住居から引っ越すまでの間という


期間限定のハ-ドなんで、我慢できますが、


普通の生活を送っている人がこの求人をひくとは思えません。


しかも家族がいれば尚更、行きたがりません。


しかも、深夜手当といっても、22時~5時ですから、


私の場合、23:30スタ-トで、途中昼休憩を挟みますし、


結構、深夜時間帯も少なくなり、割り増し分はたいした額にならず


魅力半減にて、なかなか決まらないだろうと思います。




かなり特殊な時間帯だというのは、裏を返せば競争相手がいない、


安泰な仕事とも言えます。


今回の引っ越しがなければ、まだ続けていたでしょう。


どうなるでしょうか。







明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

派遣会社に退職を伝えました

無題





おはようございます。


今朝は気持ちのいい快晴ですね、


得体のしれないウイルスが猛威を振るっているとは


思えません。


今まで、人類は幾度となくこういったウイルスに滅ぼされて


きたのでしょうか。




さてさて、



只今、派遣にて夜勤業務についておりますが、


この度、仕事を退職すると派遣会社に伝えました。


時期が時期だけに、派遣先から引き留められる事はない


と思います。


しかし、派遣会社は、この新型コロナウイルス騒動のお陰で、


かなりの派遣先の会社から、派遣切りにあい、


派遣会社として存続していけるかの瀬戸際のようです。


なので、私も派遣会社にはお世話になったので、退職は忍びない


のですが、致し方ありません。


本当に、担当者にはよくしてもらいました。


世間にはいい加減な派遣会社が多い中、


中高年の私を親身になって応援して頂きました。


感謝しています。


こういったいい派遣会社は、


こういう厳しい時代でも、生き残っていけると思いますし、


必要とされていくでしょう。




まだ、退職日は一カ月ほど先ですが、


最後には10日程の有給を取得させてもらい、


間にゴ-ルデンウィ-クも挟みますので、


半月ほどしかありませんが、


一生懸命頑張りたいと思います。







明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

40歳でも会社にとってはお荷物らしい

無題





派遣夜勤業務から帰って来ました。



さて、私は一昨年、サラリ-マンを退職しました。


その会社はまさに零細企業でした。


その後一年は派遣会社に登録し、今行ってる会社で


二社目の派遣になります。


ズバリ正社員時代と何か変わったか?


全く何も変化なし、しかも楽になってます。


本当、退職して正解でした。




さて、最近、日本の名だたる大企業が大リストラ大会をしてます。


しかも、しかもですよ、40~50歳の年齢限定で。


しかも、全然景気は悪くなく、業績も好調なのに。


ひと昔前なら、必ずリストラする場合は理由が必要でした。


業績が落ち込んでいる、仕事が減る事が濃厚など。


しかし今は、絶好調でもあたり前のようにリストラ。


これは大きな変化だと思います。


しかも、業績不振でもない会社がリストラしても、


政府は何も言わないし、世間的にも騒動にならず。


これはこれからのあたり前になりそうですね。


悪い前例を作ってしまったようです。


国が何も言わないなら、うちもやるかというように。


そして、40~50歳の給与が他の世代に比べて


とびぬけているらしい。


その者達を、雇用したくない企業は、、早くに手を打ってきたという感じです。


将来の人件費の削減にかじを切ったというところでしょう。


この流れは止まる事はなさそうです。






明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村