FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
200~300万円下げようか検討中 Feb 17, 2020
久しぶりに会った友人の辛い現実 Feb 16, 2020
自宅売却から引っ越しに向けて Feb 15, 2020
細菌兵器ならこれからどうなるのか Feb 14, 2020
自宅売却の内覧者が決定しました Feb 13, 2020
フリーエリア
フリーエリア
スポンサーリンク

会社を退職すると、煩雑な作業が目白押しです

無題


会社を退職して4カ月が経過しました。


退職してから、社会保険を脱退し国民健康保険に加入していたんですが、

この度、再度社会保険に加入した為、明日、国民健康保険を返却しに行きます。

しかし、先月1日に社会保険に再加入したんですが、一カ月間重なってしまって、二重に支払いになる為、国保の二月分支払いをしていません。

こういう場合はどうなるのか明日、市役所にて聞いてこようと思います。

国保って、結構支払いに関して難しいんですよね。

一年毎月払うのではなく、一年を何回かに分けて支払う仕組みなので、どうなるかわかりません。

とにかく、退職すると、煩雑な作業が目白押しで嫌になります。


環境を変えるのは大変です。そろそろ落ち着きたいですね。






明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村



会社を退職して初めて分かる自由と恐怖がある



無題


今、非正規雇用で働いていますが、

働く事とセミリタイヤを両立させるのは、並大抵の事ではありません。

ここ2週間ほど働いていますが、なんといいますか、だんだん脳みそがサラリ-マンの一般人のように洗脳されていくような感じがします。

働いている社員のかたは凄く真面目でいい方達ばかりなんですが、視野が極端にせまいように思います。

それは仕方がない事で、会社という狭い空間、狭い視野の中にいると、誰しもがそうなる事でしょう。

実際の私もそうでした。

そうだと感ずいていると思ってはいても、飛び出してみて初めて分かる自由と恐怖がある事がわかります。

私はすでに飛び出してしまったので、もう元の世界には戻れれない感じがしています。




明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村



実際、会社を退職してみると不安が襲ってきました

今年もあと2週間ですね。

さて、会社を退職して一カ月以上が経過しました。
少し、退職が早まったとはいえ、いずれ決断しようと思いながら働いていました。

しかし、実際、退職してみると、不安が襲ってきたのです。
毎日のル-チンワ-クの中で当たり前のように会社に通い、給与を貰っていたわけですが、
それが実際なくなると、得体のしれない不安が沸き上がってきました。

過去、何回も転職してきましたが、これほどの事はありませんでした。
こういった感情は、いかに社会に組み込まれ、悪くいえば洗脳されていたかという事かと思います。
後、やはり年令が49才という事で、後戻りはできない年令である事。

多分今から正社員で再就職は難しいしなど、
あえて考えないようにしていた事が反射的に感情に出てきたような感じです。
これは、私の正直な気持ちであり、今の状況です。

日本人は欧米などと違い横並びが好きで、メダカ社会などと揶揄される事があります。
それはメダカは一匹が右に進むと他も右へならえする性質の事を言う事だと思うのですが、
私も典型的な日本人気質であると思いました。
欧米のように個人主義ではなく、いい意味で集団の和を重んじる、悪く言えば自分が無い。
会社を退職した事で、頭ではわかっているのですが、本能的に社会から離れる事を拒否している
社会となにがしかで繋がっていたいと思っていたのでしょう。

ん~、フルタイムは無理でも、アルバイト程度では働こうとは思ってました。
私には完全リタイヤは性格的にまだ無理っぽい感じですね。
好きな事に何も考えずに邁進出来る強さがほしいですね。
過去、分野は何であれ、あえて逆風の中を進んでいった先人の方たちは凄い。
そういう方たちも、こういった感情と戦っていたのでしょうね。

ちょっと大袈裟かな。
兎に角、笑顔で楽しみながら頑張っていきます。



にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村