FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
サラリ-マンなんて、マジでやってられません。 Feb 19, 2020
約400万お安くし勝負に出ます Feb 18, 2020
200~300万円下げようか検討中 Feb 17, 2020
久しぶりに会った友人の辛い現実 Feb 16, 2020
自宅売却から引っ越しに向けて Feb 15, 2020
フリーエリア
フリーエリア
スポンサーリンク

早く売却成立させるには居住中より空き家での売買!?

無題




おはようございます。


先程、夜勤から帰って来ました。


さすがに眠気が凄いです。


さて、今、自宅を売却中ですが、


なかなか内覧客の問合せがありませんね。


もしかして、今年中の売却も


うまくいけば、あり得るかもしれないと考えていましたが、


ここまで、音沙汰がないと、今年中はまず無理そうです。


この間も書いたように、不動産の価格を


下げなければならないかもしれません。


そして、今は自宅に居住中にて売却依頼しております。


不動産売買サイトなどにも、室内の写真は家具などが


配置されたままの写真で掲載されていますので、


もし私が購入する側だった場合を想像してみると、


なかなか内覧は気が重いと思ってしまうかもしれません。


しかも現在住んでいる方に遭遇すれば、


かなり気まずい場合もあるでしょう。



これからもし、売買を早急に成立させたい場合、


居住中ではなく、家の中に物をおかない、


空室として内覧してもらう方が、進行は早いかもしれません。













明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

人工知能 AI による自宅査定をしてみました

無題



ゴ-ルデンウィ-クもあと少しとなりました。


私は子供のところに行った後は何処にも行かず、



ひたすら自宅売却に向けての整理などをしてます。


一昨日は、庭に植えている木をかなりバッサリ切りました。


植えた当初は3メ-ルぐらいだった木が、7メ-トルぐらいの高さになっています。



これは近隣住宅からの視線隠しの為に植えた木ですが、



毎年、剪定が大変で、プロに頼まず、自分で剪定していたもので、


10年以上大変でした。


庭を維持管理するのは、お金も手間もかかります。


その手間を省くために思い切って、かなり切りました。



そして今回、驚いたのですが、



売却する自宅の査定ですが、普通、不動産会社に一括査定などをして、



不動産屋の経験と蓄えられた知識、近隣の売買履歴などから、


家の価値を導き出していくのが今までのやり方だと思いましたが、


こんなところまで進出していたのかと思いました。



それは、AIによる自宅の査定です。



自宅の面積、土地面積、建築年月日、などなどを画面上に打ち込みます。


そうすれば、一瞬で査定終わりです。



勿論、家の中がどうなっているとかは、いろいろありますので、一概には言えませんが、



かなりの精度で査定してくれるようです。



しかし、よくよく考えてみれば、不動産査定は、売買実績などいろいろなデ-タから導き出すので、



最もAIの得意とするジャンルかもしれません。



しかも、それがネットで無料で提供されています。



私も今回、査定をやってみました。



そして、以前不動産査定してもらった額とほぼ同じ査定額になったのです。



驚きです。



これは、かなり近い将来、不動産業はAI化するのは早いかもしれません。




今回の自宅売却でも、どんどん使っていきたいと思います。















明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

不動産投資でビル一棟買おうと思ってました



昔、不動産投資をしようと色々調べていました。

しかし、残念ながら資金的になかなか厳しく実際に投資をするまでには至りませんでした。

人口減少社会において、これからどんどん厳しくなるとわかっていたものの、その当時は考えないようにしていました。

その当時から、スルガ銀行というのは、不動産投資において自己資金が少ないような人にも、積極的に融資してくれるとの噂は届いておりました。

無題


そして、今回の通帳改ざん事件もろもろの犯罪。

私も当時、一歩間違えればこの事件に巻き込まれていたと思うとぞっとします。


そして、レオパレス21の最近の問題の数々。


盛り上がっていた、不動産投資の問題点が一気に噴出してきています。


最近は不動産投資であろうが、自宅であろうが、何十年もロ-ンを組む事自体、恐ろしくて出来ません。






明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村




瑕疵担保責任免責物件など自宅売買にはリスクが多数存在する


今、自宅売却に向けてじっくりと作業を続けています。
それと同時に、新しい家も検索中です。

なかなか同時に進めていくのは容易な事ではありませんが、現在の自宅はなるべく早く売却した方が売却価格がいい値になるのは当然の事ですので、じっくり見極めつつ急いでやろうと考えています。

一方、住替え先の家の方は、新築というのは中々資金的には難しいので中古でいい物件があればと考えています。
しかし、中古というのはいろいろなリスクがあるのは周知の事実であろうかと思いますが、昨今で言えば、西日本豪雨での岡山県真備町で、川が決壊し、2階あたりまで浸水した災害。この地域はハザ-ドマップではこの度のような災害は予測されていたという事実。しかし住んでいた人は知らない人もかなりいたらしいです。こういった地域の家を間違えて買ってしまった場合はどうしょうもありません。


無題

そして、家そのものでも買った後のリスクは沢山あります。
シロアリが家を侵食していたとか、家が傾いていた、近所に迷惑な人達が住んでいた、騒音がうるさい、過去に事件が起きていたなどなど、限りなく考えればきりがありません。事故物件の方は不動産会社に通知義務があろうかと思いますが。

中には瑕疵担保責任免責物件というのがあり、購入後に雨漏りしたとか、シロアリがいたとかがあっても、売り主には修繕する義務がありません。購入した者が修繕しないといけませんので、安く物件を買えても後に多額の修繕費がかかれば、何をやっているかわかりません。

そういう意味でも今回は、家の売り主でもあり、買い主でもあるので、双方の注意点を見極めながら売買したいと思っておりますがどうなりますか。同じ地域ならまだましなんですが、かなり遠距離の引っ越しになるので、疲れますね、頑張ります。



明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村




人生でも2番目ぐらいに大変な年になるかもしれません



今、数年前みたいに不動産に関して調べまくってます。

まず、今住んでいる自宅を売却する方向で、査定価格を調べたり、かといってあまり早く不動産屋に売却の方針を伝えると、家を売却する情報が洩れて、何かと今の地域で暮らしにくくなったりするので、なかなか行動するタイミングが難しいです。

売却といっても、普通の不動産屋さんに頼んで売却広告を出してもらうとかの方法がありますが、不動産というのはとにかく売却が遅い、なかなか話がまとまらない、あまり売買に前向きでないと、こちらの意思に反して話が進まない事が多いらしいです。

無題

それとは違い、今よくテレビでCMをしているカチタスなんかは、会社が不動産を買い取り、リフォ-ムして売りに出すので、結構売り手にとっては速くて、手間もかからないのが特徴です。
しかしデメリットもあって、会社が買い取るので、普通に不動産屋に仲介してもらう場合に比べて買取価格が安いらしいです。

最悪、長期にわたって売れない場合は買取に頼む場合もあるかもしれません。


そして、並行して次の自宅を探しています。
住み替えるので、売却する前に決めておかなくてはなりません。しかも同じ県ではなく400キロぐらい離れた地域。
この間も書いたように、競売は今なかなか厳しいので、普通にネットから中古一戸建て、中古マンションを探しています。
今年中には、売却も次の家もなんとか目途をつけたいと考えていますが、どうなりますか。

人生でも2番目ぐらいに大変な年になるかもしれません。


明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村