FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
M&Aサイトは詐欺案件も非常に多いので注意 Sep 27, 2020
会社を4日間で退職しました Sep 26, 2020
ゴ-ルドの輝かしい未来は Sep 25, 2020
NYダウが暴落したが中途半端 Sep 24, 2020
退職する決心をしました Sep 23, 2020
フリーエリア
スポンサーリンク

派遣社員でも正社員でも、何も変わりません

無題




おはようございます。


派遣夜勤業務から帰還しました。


眠いです。


さて、


ヤフ-ニュ-スにこんな記事が。


「   いまや「ひきこもり」というと若い人よりも中高年のほうが多い現代。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりが推計約61万人にものぼることが判明した。「中高年のひきこもり」は決して他人事ではなく、突然の解雇や再就職先探し、親の介護での退職など誰にでも起こり得ることが原因となる場合が多いという。


では、そのような「一人前の社会人」だった人たちがどのようにしてひきこもってしまうのでしょうか。40代、50代ともなると、給料もそれなりに高額になるため、リストラの標的にされやすく、突然、解雇を言いわたされるケースも少なくありません。また、リストラには遭わなくても、職場での強烈ないじめや過酷な労働環境などに耐えられずに会社を辞めていく人もいます。最近では、郷里に住む親の介護のためにやむをえず退職する人も目立つようです。

 いずれにしろ、中高年の人が会社を辞めると、新しい職をみつけることは至難の業で、東京や大阪などの都市部でさえ、再就職先をみつけることがむずかしくなるのです。最初のうちは、それまでのキャリアで培った自分のスキルを少しは活かせるような職場を望んでいた人も、不採用通知の山を見ると、高望みはできないことを思い知るようになるのでしょう。食べていくために非正規やアルバイトで手を打つ方もいるわけです。

 しかし、たとえばアルバイトとしてコンビニやラーメン店などで働きはじめたとします。そこにはたいてい年下の上司がいます。20代の上司が、40代、50代の部下にえらそうに命令したり、怒鳴りつけているのを飲食店やコンビニなどで見たことがある方もいるかもしれません。中高年の部下は自分を必死で抑えているのでしょう、頭を下げ続けていたりするのです。ボロボロに傷つけられた心を抱えて働きつづけることにも、限界があります。

 このように、ようやくみつけた非正規やアルバイトも苦痛になってしまったら、立ち直ってまた新しい職を探すのは、容易なことではありません。また、無職の状態では体裁も悪く感じられ、友だちとも会いたくないでしょう。 」



この記事にあるように、中高年がリストラされ、正社員が見つからず、派遣に甘んじている。


中高年が年下から偉そうにされ、耐えられないとか。


まず、正社員に何故なろうとするのか?


正社員になっても何もいい事はありませんよ。


大企業の正社員だって、中小零細企業とたいして変わりませんよ。


退職金なんて、よく出で2千万ぐらいでしょ。


それぐらいのお金なんかどうにかなるでしょ。


というか、大企業でも今はそれだけ出ないでしょ、


というか、月給から毎月内緒で天引きされてるのを、後でもらってるだけで、


意味ないでしょ。


本当に会社というのは搾取される仕組みになってるのは、


周知の事実ですよ。


しょうもない会社の人間関係などスパッと切って、


新たな年を迎えたいもんです。


とはいっても、なかなか退職しづらいけど、


私の経験を話せば、退職したら退職したで、


何とかなるもんですよ。


本当に人生は短いし、ストレスを受けるものから


逃げ続けるのが最善です。








明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント