FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
M&Aサイトは詐欺案件も非常に多いので注意 Sep 27, 2020
会社を4日間で退職しました Sep 26, 2020
ゴ-ルドの輝かしい未来は Sep 25, 2020
NYダウが暴落したが中途半端 Sep 24, 2020
退職する決心をしました Sep 23, 2020
フリーエリア
スポンサーリンク

新年早々、地科学的リスクが気になります。


新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

さて、本日は世界中の相場はお休みですが、昨日大晦日は日本、ドイツ以外はほとんど取引しており、米国も株式相場は開場していたようです。

それで米中首脳が電話会談をし、トランプ大統領が中国との通商交渉に前向きな姿勢を示したとの見方が広がり、好感されて株価が上昇、265ドル上げて23327ドルとなりました。

今週は新年早々、明日から日本以外のマ-ケットは開場し、今年初めての取引となります。しかも1月4日には米国の雇用統計、バーナンキ、イエレン氏も同席する年次会合で行われるパウエル議長のインタビューなど、日本の大発会の日に重要案件が目白押しです。しかも大発会の前、2日間は日本は休場ですので、どのような状態で大発会を迎えるか。

無題

それと、なかなか解決に向かわない問題があります。

韓国との 「 レーダ-照射問題 」です。

日本がその時の映像を公開したり、韓国がそれにまた反論したり、いつまでやってるんだという感じでなかなか収束しないですね。
まあ、両国にはよくあることですけど、これほど長引いているのはなんでしょうか。
米国に始まる世界同時株安に気を取られていて、ほとんど無視していましたが、なんかどんどんやばくなっていくような気がします。
こういった地科学的リスクは、防ぎようがないかもしれませんが、今回は日本政府も強気なようで(個人的には賛成)今のところ、目を離さないようにしたいです。



にほんブログ村


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント