FC2ブログ

スポンサーリンク

プロフィール

管理人

Author:管理人
ご訪問ありがとうございます。49才で予定より早く脱サラする事になり、この機会に軽い労働と株式などの運用にて未来を切り開こうとするセミリタイヤブログです。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
会社を4日間で退職しました Sep 26, 2020
ゴ-ルドの輝かしい未来は Sep 25, 2020
NYダウが暴落したが中途半端 Sep 24, 2020
退職する決心をしました Sep 23, 2020
株、コモデイ、仮想通貨の全てが暴落しました Sep 22, 2020
フリーエリア
スポンサーリンク

私は就職氷河期世代です



最近、以外にも2019年度の景気は底堅く徐々に回復軌道に乗っていくという記事がチラホラ。

こういった記事に簡単に影響を受けそうになりますが、ここから景気が上向く材料もあまり無いように感じますがどうでしょう。
年号が変わる( 平成→? )年というのは、景気が上向くというデ-タもあるようですし、東京オリンピックもあります。この2つはそうそうやってくるイベントではないので、景気を支える意味では心強い限りです。
しかしマイナス要因では消費税増税があります。これも延期にすれば相当の景気刺激策になります。

さて、平成と言えば、私は平成元年は某大学2年生でした。
そしてバブル経済真っ只中の日経平均株価が1989年になんと38915円を付けました。しかしその後下落に転じ、1990年には20,000円割れと、一年経たずに半値近い水準にまで大暴落しました。
当時、学生だった私は経済の事など全く関心が無く、当然株など別世界の話で、バブル崩壊などといった事もチラホラ聞く程度の認識でした。1992年に卒業しているわけですから、就職戦線の真っただ中はバブル崩壊後だったわけです。
でも、私は在学中に就職活動をする同級生の大変さを横目に見ながら、就職活動はほとんどせず、就職内定を得ないまま卒業となりました。


無題

当時の私は、就職が決まっていない事を少しも不安に思わず、フリ-タ-で趣味に生きると考えていました。親しい友人などは、東京での就職を決めて、旅立って行きました。
いまでいう就職氷河期世代というのは、私の事でしょうか。しかし卒業したての頃は景気のどん底まではいっていなかったように思います。しかし新卒で就職しなかった私はどんどん不景気になっていく世の中を横目に楽しく暮らしていたのでした。



明日への力になるのでポチっとお願いします

にほんブログ村



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント